体のこわばりが取れてみて、普段不自由な体を動かしながら声を出しているんだなと実感しました。

体のこわばりと、心の状態と、声は連動してるものなんですね。

発声だけの訓練をするよりも、もっとその手前のことに気を付けていってあげないと、声を楽にきれいに発声することは難しいのだなと思いました。

滑舌などの練習も必要ですが、これからはもっと体のメンテナンスや、その時その時の自分の心や体がどう在るかに注意を向けていこうと思います。

ていねいに体をほぐしていただいたおかげで、普段意識していないことが分かりました。

ありがとうございました。

50代 女性  主婦歌