・のどの開き方を含め、声の出し方の基礎を学ぶことができて非常に参考になった。

・特に、声の高さについて、無意識に低い声を出そうとしていたところ、より高い声の方が自然で出し易いことに気付かせて頂いたのは大きな発見だった。

・また、●●を通じて、感情を出しながら声を出す方が、感情を押し殺しながら声を出すよりもはるかに自然で楽であることにも気づかされた。

・まずは自分に合っている声の出し方を日常生活でも実践して、声の出し方の劣等感をふっしょくしていく様にしていきたい。

・本日はありがとうございました。

1日(話)40代 男性会社員 東京都