今まで「腹から声を出す」のイメージがよくわからなかったのですが、びっくりスローモーションでのどを開ける、という行為や○○○で初めて「喉」ではなく、腹から出す、という方法を実感しました。ふしぎと、声が出るようになり、のども全く痛くありませんでした。

また、あがり症なのも、酸欠が原因ということだったので、これからは意識的に水ジャージャーや、深呼吸を行なっていこうと思います。

実際に声を出していて、喉を痛めないで出せていたので、最初の悩みは解決されたと言っても過言ではないと断言できます!また、身体と心も関係しているとわかったので、そちらにも気をつけて仕事にはげみます。本日はまことにありがとうございました!

(株)オオモリKさん 女性