83659_s

雑誌『美的』(小学館 2020年12月号)の読者緊急アンケートで「どんな声に憧れますか?」という問いに対して、

1位 聞き取りやすい声

2位 アナウンサーのように落ち着いた声

3位 ハキハキしながらも温かみのある声

4位 柔らかい明るいイメージの声

5位 エイジレスな声

という結果が出ました。そこで今回は、「温かみのある声の出し方」「明るい印象を与える話し方」についてレクチャーします。

 

温かみのある声の出し方

声は内面が素直に心の鏡のように現れます。

優しく温かみのある声を出すためにはイメージ力が大切です。

大好きなペットと遊んでいて声を変える時の自分。

赤ちゃんに話しかけるときの自分。

ゆっくりと聞き取りやすいように話しかけているかと思います。

目じりが下がって、笑顔で話しているかと思います。

加えて、温かい息を吐くイメージで話してみましょう。

 

明るい印象を与える印象を与える話し方

広角を上げながら話すと声色が明るくなります。

ただ無理に引き上げて話すと固い印象を与えてしまいがちなので、口角が目の下にあるイメージで話すと、自然に広角が上がった明るい話し方ができるようになります。

トーンがアップし、愛嬌のある華やかな印象になります。

ぜひこれらのことを気をつけてコミュニケーションしてみてください。

 

美的表紙

 

 

お得なキャンペーン、体験レッスン実施中!

2021-06_CP_bt