しわがれ声の原因と治す方法

長時間、声を出したり歌ったりしている時に、
声がかすれて出辛くなったことはありませんか?

声がかすれる、声のかすれ、かすれ声の原因

声がかすれる原因は、「声帯が上手く閉じられないこと」にあります。

声は、閉じた状態の声帯に息が通ることで、声帯が振動して発生します。

声帯が上手く閉じずに隙間が空くと、そこから息漏れが起こり、声が突然出しづらくなったり、かすれ声になります。

さらに、声帯が上手く閉じられない原因を深掘りすると、多様なものが挙げられます。

  • 声帯にポリープや結節ができる
  • 喉頭がん
  • 老化による声帯の萎縮
  • 反回神経麻痺

これらの原因に対しては、耳鼻咽喉科の診断や治療を必要とします。

「上記の原因には当てはまらないけれど声がかすれる」という場合は、日常での発声法に原因がある場合があります

声がかすれる、声のかすれ、かすれ声を発声法で治す方法

声のかすれに対して、発声法でチェックするポイントは「声帯へのストレス」です。

声帯周囲の筋肉が過度に緊張していると、声帯が閉じた時にストレスをかけ、結節やポリープが発生します。結果、声帯が閉じられなくなり、声がかすれ、出辛くなります。

特に注意すべきは「舌」と「あご」です。

声がかすれやすい人は、身体の癖として定着していることが多く、特に舌は、緊張していること自体に気づきづらいです。

「あ」という時の口の形を、鏡を見てチェックしてみましょう。

指2本分が自然に開かない場合は、顎周囲の筋肉が緊張しています。
舌が奥に引っ込んでいる場合は、舌が緊張しています。

これらの癖が見られた場合は、以下の方法を試してみてください。

あごの緊張を取る「あごもみほぐし体操」

  1. 骨の下に親指を下から押し当てます
  2. 親指の位置はそのままで掌が上になるように手を返します
  3. 親指以外の4本の指で後頭部を抱えます。
  4. 指が滑らないよう固定しつつ両肘を真ん中に寄せていきます
    親指が頬骨の下に入り込んでいるか確認してください。
  5. そのままゆっくりと「あいうえお」と言います。
    「あ」と「え」の音で口を縦に開いてください。

舌の緊張を取る「ららら体操」

  1. 口を縦に開きます。
    大きさは指が2本縦に入るくらいにします。
  2. 舌の先を上の前歯の裏側の付け根につけます
  3. 舌の先を下の前歯の裏側の付け根に向かって「ぱたん」と落とします。この時に「ら・ら・ら」と言いながらやりましょう

声帯にストレスをかけたまま声を出し続けると、結節やポリープを作る原因になり、治療には手術を必要とする場合もあります。

日常での身体のケアを忘れずに行い、ストレスのない声を目指しましょう。

ボイトレ方法、お得な情報を発信しています♪

line@キャンペーン

line@キャンペーン

声のかすれもしわがれ声も、声を改善するのに1番大切なポイントは?

声の悩みを改善するために大切なのは
「自分にどんな悪い癖があるのか」
それを見極めることです。

そこが大変難しいため
本を読んだり、
動画で見ても解決できないのです。

自分特有の癖は、
自分以外に比較対象がないため、
自分ではわからないからなのです。

それをいっきに解決できるのが
「1日修得レッスン」です。

声を出すときに
どんな悪い癖があるのかを見極められる
プロの講師が寄り添うことで初めて
自分の改善すべきポイントがわかります。

改善すべきポイントは、沢山ではありません。
ほんのちょっとの部分であることがほとんどです。

効果がその場で出るオリジナルメソッドを
操ることのできる
経験を積んだ講師が、

1. 身体の使い方
2. メンタルの状態
3. 呼吸の仕方

を見て、総合的に
良くない癖を判定。

その部分だけを
徹底的に改善するため、
1日で声は驚くほど、変わるのです。

声がかすれる・しわがれ声を改善!おすすめレッスンはこちら

1日修得ボイストレーニング(話し方コース)

1日修得ボイストレーニング(歌コース)

お得なキャンペーン実施中!

2019年5月キャンペーン