128c8e0a211f9e5210e9bfe6d074c973_m

皆様は、電話で会話することは得意ですか?
それとも、対面で話すときよりも緊張しますか?

電話が苦手だと感じている人は多くいるようです。しかしいくら苦手でも、ビジネスパーソンとして、電話対応は避けて通れません。苦手意識を克服し、ストレスなく電話対応ができるようになる方法をご紹介致します。

電話が苦手な原因

1. 相手が見えない不安

視覚的情報が全くない電話だと、相手がどういった人か全く想像できないため、コミュニケーションに挑むのが怖くなり、電話で話すことに対して苦手意識が生まれてしまいます。

2. クレームが怖い

相手からすると、無愛想・無気力な声に聞こえたり、聞こえ辛かったりすると、相手の怒りをかってしまう事があります。
そんな経験があると、「相手の気分を害したらどうしよう」「答えにつまってしまったらどうしよう」と、心配になってしまうのです。そして電話をかけるとき心配がよぎり苦手になってしまうのです。

3. 考える時間がないため焦ってしまう

「相手の言っていることを一度で理解しなきゃ」「はやく答えなきゃ」
というところに自分のフォーカスがあたってしまうと、実は落ち着いてさえいれば自身でも対応できるだけの知識や言葉がけができるのに、焦るあまりそれをじゅうぶん発揮できなくなってしまいます。

その時の焦る感覚が、電話をする際の足かせになってしまいます。

声と話し方のポイントをいくつか意識するだけで、苦手意識から解放され、
電話で話す事にハードルを感じなくなっていきます。
コツを掴むと、声から素敵な人柄が伝わるような話し方になり電話での会話が得意になっていきます。

電話での苦手を克服する方法

1. 喉を開いて、息に声を乗せて話す

まず大事なのが、「正しい呼吸の流れ」を身に着けることです。
「びっくりスローモーション」を使って、のどを開いて息に声が乗るようにしていきます。

びっくりスローモーションの詳しいやり方はこちら ≫

喉が開いて声にしっかりと息が乗ると、感情が伝わりやすい声になります。

2. 口角をあげて話す

軽く口を開けて口角を上げるようにすると、頬骨が引き上がります。そうすると、鼻腔に声がよく共鳴するようになり、明るい通る声に変わります。

しっかりと聞こえる明るい声だと、相手はプラスの印象を受け取り会話もスムーズに進みます。口角をあげているつもりでも、あまり上がらないという方は、こちらの動画を見ながら、「あごのリラックス体操」を試してみてください。

口角をあげて話すためのあごのリラックス体操 ≫

楽に口角が上がるようになり、明るい声に変わります。

3. 姿勢を正し、ジェスチャーを使って話す

電話をする際は、メモを取るために猫背になっていることがよくあります。
そうすると声が胸郭に響かなくなりこもりがちになりますので、電話の時こそ姿勢を正してみてください。

さらに前回りの円を描くようなハンドジェスチャーを使うと、声のトーンがアップし、テンポよく話せます。早口防止にもなります。相手は注意して聞くというストレスを感じにくくなり、安心して会話することができます。

これらの方法を使うと、たとえ表情が見えなくても明るさや穏やかさ、感情が伝わる声になる声になります。感情が見えないとき人は不安になるので、そんな余計な不安を与えず会話ができていきます。

また、喉が開いて、しっかり呼吸ができている事で、落ち着いて話す事ができ、電話に対する苦手意識がどんどん消失していきます。

どれもすぐにできる改善方法ですので、
ぜひ、次の電話対応から試してみてくださいね!

電話が苦手な方へおすすめレッスンはこちら

ボイストレーニング 1日完結 話し方レッスン

mental-training-lesson (2)

お得なキャンペーン実施中!

2019年10月キャンペーン