4142606_s

みなさんはご自身の声を録音して聞いたことはありますか?最近は、YouTubeなどの動画撮影、ZOOM録画の見返しなどで、客観的にご自身の声を聞く機会が増えているのではないでしょうか。

聞いてみたとき、どんな風に感じましたか?

「思ってたよりも、なんか私の声って汚い声・・」

どなたの声であれ汚いということはなく、個性であり、単純に体の機能として出ているにすぎませんが、「汚い声」と感じる要素としてこんなタイプの声があるようです。

  • こもった声
  • ガラガラ声
  • ダミ声
  • かすれ声
  • 女性的でなくて声が低い
  • ドスの効いた声

そのような、声質のお悩みを手放し「 もっと透き通る、きれいな声になりたい!」と思っていらっしゃる方へ、実は、簡単な方法で、透明感があって芯がある声質に変えることができる方法をお伝えさせていただきます。

 

そもそもなぜ「汚い声」と感じる声になってしまうのでしょうか?

それは、声の出口が広すぎたり、平べったかったりして、声があちこちに散らばって、雑音が生まれ、聞きづらい声になっている状態となっているからです。

芯があって、雑音のない透明感のある声にするには、声の出口を一点に絞って、そこから声が飛び出していくイメージをします。そうすることで、声が集まり、しっかりと芯があって透明感のあるきれいな声になるのです。

声の出口は歯と歯茎の境目。

詳しい場所はこちらを参照してください。
ご自身の声の印象を「汚い声」→「きれいな声」に変えちゃいましょう♪

↓↓↓

「呼んでも気づいてもらえない」「声が通らない」を解消!!技術不要のボイトレ、その名は「歯に穴」 »

 

 

お得なキャンペーン、体験レッスン実施中!

2021-06_CP_bt