のどの奥を開ける感覚を実践を通して体感することが出来、声の出しやすさを知れたことが良かったです。発声のポイントなど非常に分かりやすく、今後も練習を続けて今までのクセが抜けれるようになりたいと思います。

●●●の時は、今まで自分で表現してこなかった感情を人前で出すことで、「こんな表現も出来るのか」と自分でも驚き、また普段であれば緊張するのですが、不思議と緊張なく出来ました。丹田を意識出来たおかげかもしれません。

これからも今日のレッスンをスタートラインとし、更に声にみがきがかかるよう日々過ごしたいです。

1日(話)30代女性 兵庫県