shitatarazu

ボイストレーニングレッスンをおこなう中でよく聞くお悩みです。
みなさんの中にも「舌足らず」で悩んでいる方いらっしゃるのではないでしょうか?

「舌足らず」は滑舌が悪い、よく噛む方に使われる言葉です。
言葉を綺麗に発音する際に、舌の柔軟性と、筋力はとても重要です。

しかし、トレーニング方法を知らない方も多いのではないでしょうか?

ここでは自分で「舌足らず」を改善できるトレーニング方法をお伝えします。

舌足らずとは?

舌足らずというのは、舌の動きが悪く、緊張していたり、滑らかでない状態のこと。
子供っぽい話し方になり、クリアに発音ができていない様子を指します。

舌が緊張していたり、舌の筋力が低下していることで起こり、舌の筋力が弱いまま発音すると聞き取りづらい声になります。

舌たらずの原因は?

舌足らずの原因のほとんどが、舌の緊張と筋力不足です。

口を閉じた状態で、舌はどこにあるでしょうか?
舌が上あごにつかず、下に落ちている状態の方は要注意。
舌の筋力不足です。

滑舌が悪くなるだけでなく、いびき、睡眠時無呼吸症候群の原因にもなります。

舌足らずのお悩み解消!️自分でできる「舌筋トレーニング」

それでは、舌の筋力アップのための方法をご紹介します。

  1. 舌先を上アゴの上の前歯の付け根にくっつけます。
  2. 同時に舌全体を出来るだけ上アゴ全面に密着させます。
  3. 舌打ちするように音を出します。
  4. その際に舌の裏側の筋肉が引っ張られているのを感じます。

1セット10回を1日1回、できれば朝晩2回おこないます。

舌足らずは、舌の筋肉の筋トレで確実によくなります。
トレーニングだけでなく、普段から口を閉じている時は、舌全面を上アゴにくっつけておくだけでも、舌の筋トレは可能です。

shitatarazu

アマートムジカのレッスンについて

声を改善するのに1番大切なポイント

声の悩みを改善するために大切なのは
「自分にどんな悪い癖があるのか」
それを見極めることです。

そこが大変難しいため
本を読んだり、
動画で見ても解決できないのです。

自分特有の癖は、
自分以外に比較対象がないため、
自分ではわからないからなのです。

それをいっきに解決できるのが
「1日修得レッスン」です。

声を出すときに
どんな悪い癖があるのかを見極められる
プロの講師が寄り添うことで初めて
自分の改善すべきポイントがわかります。

改善すべきポイントは、沢山ではありません。
ほんのちょっとの部分であることがほとんどです。

効果がその場で出るオリジナルメソッドを
操ることのできる
経験を積んだ講師が、

1. 身体の使い方
2. メンタルの状態
3. 呼吸の仕方

を見て、総合的に
良くない癖を判定。

その部分だけを
徹底的に改善するため、
1日で声は驚くほど、変わるのです。

歌に関するお悩み

      • 高い声が出ず、歌いたい曲が歌えず、カラオケに行くのが億劫になってきた・・・
      • 歌っていると、すぐに喉が痛くなって、声がかすれる・・・
      • 長年、ボイトレスクールに通っているが、歌が上達している実感がない

話す声に関するお悩み

      • 声の悩みが多すぎて、どこから改善したらよいか、わからない
      • 技術的なことは出来るけど、メンタル面で自信を持ってプレゼンしたい!
      • 朗読教室に通っているのだけれど、全然うまくなっている実感がない

価格に関して

アマートムジカのレッスンは、1回あたりのレッスンで日本で最も高いレッスンです。それはなぜでしょうか?こちらをお読みいただけたら、ボイストレーニング料金の比較など、納得いただけると思います。

冬のメンタル&人間力アップキャンペーン