3c6597330e5ac321ccd45091d071a776_m

カラオケで歌うとすぐに喉が痛くなる。
長時間話すと喉がイガイガする。

そんなお悩みお持ちでないですか?
その原因と対策をまとめてみました

喉が痛くなる原因

原因は、「喉を閉めた発声」です。
喉を閉めて話すことの弊害は、喉が痛くなるだけでなく、

  • 大きな声が出ない
  • 高い声が出ない
  • 明るい声が出ない

などなど弊害がいっぱいです。

解決法

「喉を開く」感覚を身につけましょう。

喉を開く感覚を身につけるのに一番簡単なのは、「あくび」です。

「あくび」をする時って、
たくさん息を吸い込んで、
喉の奥に、冷やっとした空気を感じる状態。

それが喉が開く感覚です。

この「あくび」をする感覚が何となくわかったら、
喉を開く感覚を体に定着させるのが、
こちらの動画レッスンです。

喉を開いて話せるようになるボイストレーニング法
その名も 「びっくりスローモーション」

この発声法は アマートムジカの「1日修得レッスン」の中でも
話す声のレッスン、歌のレッスンで 共通して大切なメソッドです。

この発声法をしれば もう喉の痛みともサヨナラです !
動画では 腹式呼吸での発声法も
あわせてご紹介していますので続けてご覧くださいね。

喉を開いて話すことができれば、話すことが楽しくなり
積極的で明るい性格にもなれます。

逆に喉を閉めたまま話すことで、
ずっと喉の痛みを抱えて話し続けることになります。

喉の調子が気になって、話す内容や、話す際の表情にまで
意識が向かなくなってしまいます。

早期に喉を開く感覚を身につけて 話すようにしましょう。

もしご自分がすぐ喉が痛くなる 喉が開いていないと感じる方は
ぜひ動画で「びっくりスローモーション」 を試してくださいね^^

アマートムジカのレッスンについて

声を改善するのに1番大切なポイント

声の悩みを改善するために大切なのは
「自分にどんな悪い癖があるのか」
それを見極めることです。

そこが大変難しいため
本を読んだり、
動画で見ても解決できないのです。

自分特有の癖は、
自分以外に比較対象がないため、
自分ではわからないからなのです。

それをいっきに解決できるのが
「1日修得レッスン」です。

声を出すときに
どんな悪い癖があるのかを見極められる
プロの講師が寄り添うことで初めて
自分の改善すべきポイントがわかります。

改善すべきポイントは、沢山ではありません。
ほんのちょっとの部分であることがほとんどです。

効果がその場で出るオリジナルメソッドを
操ることのできる
経験を積んだ講師が、

1. 身体の使い方
2. メンタルの状態
3. 呼吸の仕方

を見て、総合的に
良くない癖を判定。

その部分だけを
徹底的に改善するため、
1日で声は驚くほど、変わるのです。

歌に関するお悩み

      • 高い声が出ず、歌いたい曲が歌えず、カラオケに行くのが億劫になってきた・・・
      • 歌っていると、すぐに喉が痛くなって、声がかすれる・・・
      • 長年、ボイトレスクールに通っているが、歌が上達している実感がない

話す声に関するお悩み

      • 声の悩みが多すぎて、どこから改善したらよいか、わからない
      • 技術的なことは出来るけど、メンタル面で自信を持ってプレゼンしたい!
      • 朗読教室に通っているのだけれど、全然うまくなっている実感がない

価格に関して

アマートムジカのレッスンは、1回あたりのレッスンで日本で最も高いレッスンです。それはなぜでしょうか?こちらをお読みいただけたら、ボイストレーニング料金の比較など、納得いただけると思います。

お得なキャンペーン実施中!

学びの秋の新学期キャンペーン