声が震える

人前で話す時に声が震える、心臓がバクバク。そんな「あがり症」を改善したい人多いと思います。

トレーニングで解決することはできるのでしょうか。

ここでは、緊張しても声が震えないための「腹式発声法」をご紹介します。

人前で話す時に声が震える、心臓がバクバクになる人の特徴

人前で緊張してしまう方の特徴として、失敗してはいけない。うまくやらなければならないというメンタル癖が強いことです。

その結果、自分にプレシャーをかけすぎてしまい、緊張がより高まってしまうことにつながります。

人前で話す時に声が震える原因は?

発声のためには息が必要です。しかし、緊張してあがると呼吸は浅くなり、吐く息の量が短くとぎれがちになります。

すると十分に発声のための息が使えなくなり、声が震え出します。

人前で話す時に声が震える人の解決法「腹式発声法」

横隔膜を使っての腹式での発声法を身につけましょう。

息を吐く力がアップし、声が震えることなく、聞き取りやすい声が出せるようになります。

世界一簡単な腹式発声法「ポコ&はー」

当スクールの代表・堀澤と校長・司の共著では、世界一簡単な複式発声法「ポコ&はー」のやり方をご紹介しています。

1日で感動的に歌がうまくなる!話す声もよくなる!
『1日で感動的に歌がうまくなる!話す声もよくなる!』(アマゾンにて購入する
(堀澤麻衣子・司拓也著 セブン&アイ出版)より

CCI20180507

準備

1. 足は肩幅に開き、リラックスした姿勢で立つ。右手こぶしを作り、肋骨の間にあるみぞおちの位置に手をおきます。(※ こぶしで押して「うっ」と気持ち悪く感じる部分です)

2. みぞおちに軽くこぶしをあて、その上に左手を添えて、少し負荷をかけます。

3. お腹がその状態のままでは気持ち悪いので、お腹の力で「ポコッ」とこぶしを押し出します。5回くらい、繰り返します。

実践

1. 「ポコ+は」:お腹の力でこぶしを押し出す瞬間に、口を大きく開けて「は」と発声。これを5回繰り返します。

2. 「ポコ+はー」:次は、「は」を「はー」に変えてください。5回ほど繰り返します。

3. 「びっくりスローモーション」+「ポコ&はー」:最後に、「びっくりスローモーション」で息を吸って吐く練習を5回ほど行い、息の正しい吸い方をカラダになじませてから、息混じりで「はー」と声を出した瞬間にすぐに「ポコ」とお腹を押し出します。この時、口が小さくなる方が多いので、口が開いているか鏡でチェックしながら行うのがおすすめです。声がしっかりと出ます。

「びっくりスローモーション」については、以下のページに詳細を載せておりますので、そちらもあわせてご覧ください。

【声がこもる・通らない】6つの原因と対策とは?

アマートムジカのレッスンについて

声を改善するのに1番大切なポイント

声の悩みを改善するために大切なのは
「自分にどんな悪い癖があるのか」
それを見極めることです。

そこが大変難しいため
本を読んだり、
動画で見ても解決できないのです。

自分特有の癖は、
自分以外に比較対象がないため、
自分ではわからないからなのです。

それをいっきに解決できるのが
「1日修得レッスン」です。

声を出すときに
どんな悪い癖があるのかを見極められる
プロの講師が寄り添うことで初めて
自分の改善すべきポイントがわかります。

改善すべきポイントは、沢山ではありません。
ほんのちょっとの部分であることがほとんどです。

効果がその場で出るオリジナルメソッドを
操ることのできる
経験を積んだ講師が、

1. 身体の使い方
2. メンタルの状態
3. 呼吸の仕方

を見て、総合的に
良くない癖を判定。

その部分だけを
徹底的に改善するため、
1日で声は驚くほど、変わるのです。

歌に関するお悩み

  • 高い声が出ず、歌いたい曲が歌えず、カラオケに行くのが億劫になってきた・・・
  • 歌っていると、すぐに喉が痛くなって、声がかすれる・・・
  • 長年、ボイトレスクールに通っているが、歌が上達している実感がない

話す声に関するお悩み

  • 声の悩みが多すぎて、どこから改善したらよいか、わからない
  • 技術的なことは出来るけど、メンタル面で自信を持ってプレゼンしたい!
  • 朗読教室に通っているのだけれど、全然うまくなっている実感がない
アマートムジカ10周年記念特典キャンペーン